忍者ブログ
国内メーカーを中心に最新エアガン、コッキングガン、電動ガン、ガスガンをレビューしていきます。
dc112999.jpg

dc120406.jpg

電動ガンBOYsシリーズ 10才以上用電動エアガン

可変ホップアップシステム

全長   543mm

重量   1,090g (電池含む)

装弾数  140発

価格   9,240円 (税込み)


marui-tavor21-2.jpg

タボールはイスラエルのIMI社(デザートイーグルとかウージーを作った会社で
現在は分離独立したIWI社が生産)のブルパップ式アサルトライフル。
そのなかでも、今回マルイがモデルアップしたのはスタンダードモデルより
バレルが80mm(実銃スケールで)短いコンパクトモデル。

ブルパップ式のアサルトライフルと言えば、ステアーAUG等が有名ですが
私も国産エアガンメーカーがモデルアップしている物位の知識しか無いので
このタボールも、よくイギリスのL85A1と混同していました。

これです。
dc120301.jpg
L85A1    (写真=パブリックドメイン)

なので、H&K社によって改修されるまで、ダメダメ銃だったのは、どっちだったかな~?
なんてレベルのところに、マルイさんからドーンとタボールが発売されてビックリ。

ちなみに改修されたのは、L85A1の方で、L85A2になりました。

marui-tavor21-3.jpg


ブルパップ式の特徴は、機関部をストック部分まで後退させる事で、銃身を
短縮させずに(命中精度を落とさずに)銃本体をコンパクトにする事が可能になります。
なので、ただっ広い野戦でも集弾性が良く、狭い市街戦でも扱いやすくて
オールマイティに使える利点があります。

写真は、同じ電動ガンBOYsシリーズの「スカーL CQC」と全長を比較した物です。
スカーのストックは、一番伸ばした状態でストックからグリップまでは、ほぼ同じ長さかな。
スカーも銃身が短いCQCモデルですが、タボールはさらにコンパクトなのが分かりますね。
しかも銃身はスカーより長い。
まあ、電動ガンBOYsシリーズのインナーバレルは、銃身の先端まできっちり
伸びては、いないので厳密な比較は出来ませんが、実銃で比較するならば
タボール・コンパクトの銃身長は380mm、対してスカーL・CQCの銃身長は254mmと
タボールのほうが126mmも長い。

marui-tavor21-4.jpg

BOYsタボールの外観は、表面がザラザラに加工された面が多く
ツルツル・テカテカのプラパーツが目立たないので、安っぽさはあまり感じません。
(10才以上用電動ガンでは・・・の話。)
とは言え、レシーバー上面やマウントレイル、サイトはツルツルのプラなので
上から見ると、ちょっと・・・・・・・。

グリップの上部辺りに、片側4つの通風孔があり、実銃同様の内部パーツが見えて
リアルに再現されています。

marui-tavor21-5.jpg

グリップ付け根にセレクターがあり、写真の「S」の位置でセイフティ状態。
「R」がセミオートで、「A」でフルオートになります。
使い易い位置にありますが、大人だとグリップを握ったままの操作は、少し窮屈かな。

グリップの中指がくる部分に、BOYsシリーズではお約束のセイフティボタンがあり
しっかりグリップを握ってボタンを押している状態でないと、トリガーは引けません。
まあ、ボタンは軽く押せるし、グリップを握れば自然とボタンは押されているので
難しい事はなにもありませんけどね。

marui-tavor21-6.jpg

妙にピョコッと出ている、マガジンキャッチリリースレバー。
こんなに出てるの~? と実銃の写真を見てみると、確かにピョコッと出てますな。
先ほどのセレクター操作時の窮屈感は、セレクターを操作しようと手をずらすと
このマガジンキャッチリリースレバーと手が干渉してしまうせいでした。
実銃の場合は、もっとスペースに余裕があるのかもしれませんが
BOYsタボールの場合は、大人が操作する場合リリースレバーを押してしまいそう。

marui-tavor21-7.jpg

マガジンはM4共用の140連ゼンマイ式多弾数マガジン。
写真の様に上部のフタを開けて、BB弾をジャラジャラ流し込むだけなので
とっても簡単なのですが、毎回思うけど、マガジン底部のゼンマイを
巻くギヤを回すのが辛い。
18才以上用の多弾数マガジンに比べると巻き難いのだ。
ギヤのギザギザに爪を引っ掛けたり、指の腹を思い切り押し付けて回してみたり
してますが、すぐに指が痛くなっちゃう。
しかも、ちょっと巻くのをサボると直ぐに給弾不良になり、空撃ちになってしまう。
今までも多少感じていましたが、今回ほどでは、ありませんでした。
マガジンにも当たり外れがあるのか~!!

marui-tavor21-8.jpg

電池は、アルカリ単三電池を6本使用します・・・・・・が、私は今回も
充電タイプのエネループで。
最近では100円ショップで、6本入りのアルカリ単三電池もあるので
買ってくれば良いのですが、つい手もとにあるエネループを使ってしまいます。

電池の装着手順は、矢印のロック解除ボタンを押しながらハンドガードを
前方に引き抜きます。
電池は左右と底部の3列に、2本ずつ入れます。

marui-tavor21-9.jpg

ホップアップはスライド式、簡単で分かりやすいですね。
銃本体右側、実銃のエジェクションポートの部分にあります。
18才以上用と違って、むき出しなのはBOYsシリーズ共通。

marui-tavor21-10.jpg

ブルパップ式の欠点として、コンパクトさゆえにフロントサイトとリアサイトの間隔が
短くなってしまい、これは命中精度に悪影響になります。
なので実銃は、光学サイトの装着が前提でノーマルサイトは補助的な物になります。
フロントサイトは縦方向に、リアサイトは横方向に畳むことができます。

エアガンの場合は(しかも10才以上用なら、さらに)、命中精度的にそこまでの
照準のクオリティは必要ないのですが、どうせならドットサイト等装着したいですよね。

しかしBOYsシリーズのマウントレイルの幅は18mmで、通常の20mmより2mm小さい。
しかもプラ製なので、重い物を装着するのは、抵抗があります。

marui-tavor21-11.jpg

で、手持ちのBOYsシリーズ用ズームスコープを装着してみました。
これは軽量で、大きさも丁度良いのですが、なんせレティクル(照準を合わせる十字)が
無いので・・・・・。

marui-tavor21-11-5.jpg

ちと寂しいのでフロントサイトを起こしてみると、位置的にはバッチリ。
ただ、やはり近すぎてフロントサイトがぼやけてしまうのですが
まあ、無いより良いかも。

marui-tavor21-12.jpg

ついでにレーザーサイトも付けてみました。
これは20mmマウントレイル用なのですが、なんとか付いてます。
絶妙な位置に、絶妙な傾きでマウントレイルが装備されているのが良いですね。
18才以上用エアガンでも発売してくれないかな~。欲しくなっちゃった。

ハンドガード部にもレイルが装備されているので、フラッシュライトも
装着してみたのが、ページトップの写真です。ん~タクティカル~て感じ。

marui-tavor21-13.jpg

あと、機能はありませんがコッキングハンドルとボルトリリースボタンは可動します。
まあ、雰囲気を楽しむということで。

実射


タボールを構えた感じは、やはりメカが後部に集中しているので
バランスが悪いですね。まあ、軽量なBOYsだから使い難さを感じるほどでは
ないですが。
あと実銃と同様に、射手の耳元が機関部とかなり接近するので
他のBOYsシリーズのアサルトライフルに比べて、やや作動音がうるさく感じます。

作動は軽快そのもので、BOYsシリーズも多弾数マガジンになってから
フルオートの気持ちよさが倍増しましたね。
ただ、前出のマガジンのせいで今回は楽しさが半減してしまいましたが・・・・・・。

実射性能は今までのBOYsシリーズ同様素晴らしく、10才以上用エアガンの
最高峰という称号は、まだまだ続きそうです。
LIGHT PROシリーズとともに、どんどん種類が増えてくれたら楽しいですね。


marui-tavor21-14.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾セミオート10発


marui-tavor21-15.jpg
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾フルオート





関連記事

BOYsシリーズ スカーL  CQC 


BOYsシリーズ H&K G36C

BOYsシリーズ ソップモッドM4 

LIGHT PRO シリーズ M4 CQB
 



楽天市場でのBOYsタボール検索結果は、こちら


たとえば、こちらから




Yahooショッピングでの検索結果はこちらから


アマゾンは、こちらから


PR

boys-m4-hg-1.JPG

電動ガン (10才以上用)

可変ホップアップシステム

        全長   591mm/660mm(ストック伸長時)

重量   1,000g (電池込み)         

        装弾数   140発 (ゼンマイ式多弾マガジン)

  価格   8,190円 (税込み)
    

boys-m4-hg-2.JPG

M4カービン・MP5の2種類が発売されてから、数年間新機種が発売されなかった
電動ガンBOYsシリーズですが、ここにきて「G36C」に続いて、立て続けに
発売になるとは。
しかも、ハイグレードバージョンに進化しての登場ですから、嬉しいかぎりです。
まあ個人的には、M4以外の今までにない機種でも良かったのですが
王道のM4をアップグレードさせるのが、先決だったんでしようなー。

で、今回発売になったのはSOPMOD M4。ソップモッドってなんぞや?って感じですが
なんでも「Special Operations Peculiar Modification」の略で、特殊部隊用タイプ
って意味らしいですな。

boys-m4-hg-3.JPG

短いバレルには、RAS(レイルアタッチメントシステム)が装備され
上面には、PEQ-2(IRレーザー&IRイルミネーター)型バッテリーケースが乗っています。
残念ながら、このバッテリーケースは取り外す事は出来ません。
バッテリー後部の、2つの大きなダイヤルがロックになっていて、2つ同時に
内側にスライドさせると、ロックが解除されてフタが開きます。

RASの下側の穴は塞がれていますが、上側は開いていて中を覗くと
アウターバレルと、なんと再現されたガスチューブが見えます。

boys-m4-hg-4.JPG

フォアグリップは、大人が持つのにも十分な長さがあり、握り易いですし
底部のネジを緩めれば、前後にスライドして好みの位置に調節したり
取り外す事もできます。

boys-m4-hg-5.JPG

クレインタイプのストックは、4段階に長さが調節できます。

boys-m4-hg-6.JPG

グリップには、電動ガンBOYsや10才以上用電動ハンドガンではお約束の
グリップセイフティがあり、このボタンを押しながらでないと、トリガーはひけません。
まあ、ボタン自体は軽く押せるし、グリップを握れば自然に押しているので
あまり違和感を感じる事はないでしょう。

boys-m4-hg-7.JPG

LMTタイプ・リアサイトは、脱着式。
今後18mmレイル用のドットサイト等が発売されたら、交換出来ますねー。

boys-m4-hg-8.JPG

ビープホール式のリアサイトは、ノーマルと精密射撃用の穴を
前後に倒して切り替えます。
残念ながら上下調節は不可ですが、左右は大きめのダイヤルを回して
簡単に調整する事が出来ます。ダイヤルを回すと、カチカチッとクリック音がして
雰囲気も盛り上がります。

boys-m4-hg-9.gif

エジェクションポートカバーを開くと、ホップアップ調節レバーがあります。
スライドさせて調整しますが、少し硬め。

boys-m4-hg-10.JPG

多弾数マガジンは、ゼンマイ式で装弾数140発。一瞬えっ?ってなりました。
同じ電動BOYsのG36Cが装弾数230発なのに、えらい少なくなってます。
早速、写真左側のG36Cのマガジンと比べて見ると、一回り小さいんですねー。

boys-m4-hg-11.gif

バッテリーは、単三アルカリ電池を6本使用します。説明書には必ずアルカリ電池を
使用するように、書かれています。
理由として、マンガン電池だとパワーが足りず、正しく作動しないためだそうです。
早速100円ショップで、4本で100円のアルカリ電池を購入。
今回は発射サイクルと初速を計測してみました。
850/分・・・・と言うことは、秒間14.1発。この寒い時期を考えれば
ほぼ公称値どおり。
初速は、46.45m/sで、今までの電動ガンBOYsシリーズと同じく
10才以上用の上限に近い、パワフルな物です。

実射

外観はフレームの部分のみ艶が消されてますが、他の部分はプラスチックそのまま。
なので、そこそこな高級感ですねー。
しかし動かないパーツを含めて、各部しっかり作られているので
価格からみれば、少なくとも私はかなり満足度高いです。
まあ、プラスチックが多用されているので、それなりの剛性感ですが。

後は、トリガープルに節度感があったら最高ー。ってそれは贅沢か?

実射性能は、上級モデルらしく素晴らしい。
サイズ的には、実銃の8割程度に小さくなってますが
大人が構えても、全然窮屈な感じがしません。SMG(サブマシンガン)を
撃ってる感覚です。
トリガーを引けば「キュパパパッ」っと軽快な作動音とともに、BB弾がフラットに飛んでいく。
ちよっと小さいせいか、ゼンマイ式マガジンが使い難くかんじますが
普段使い慣れてないからかな?

boys-m4-hg-12.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾・セミオート10発

フルオートは、大人用に比べれば迫力に劣りますが、発射サイクルは同じですし
多弾マガジンで気持ちよく連射していたら、あっという間に
手持ちのBB弾が無くなってしまいます。
今の子供達は、凄いエアカンで遊べるんやねー。

boys-m4-hg-13.JPG

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾・フルオート


 



楽天市場でマルイ 電動ガンBOYs M4 SOPMODを
みてみる方はこちらから。
   ↓↓     ↓↓







楽天市場=マルイ BOYs M4 SOPMOD 一覧

g36boy-1.JPG

電動エアガン (10才以上用)

可変ホップアップシステム

全長   425mm/610mm(ストック拡張時)

重量   1,200g (電池込み)

装弾数  230発

価格   8,190円 (税込み)

g36boy-2.JPG

電動ガンBOYsシリーズ第2弾のMP5が、2004年に登場し
て以来、実に6年ぶりに発売された第3弾はG36C。
次世代電動ガンでもG36Kが発売されたばかり。
立て続けにG36をだすとは、意外や意外なんですが
嬉しい事に変わりありません。
しかも今回は、HG(ハイグレード)に進化しての登場と
いう事で期待度もアップしますよねー。

g36boy-3.JPG

電動ガンBOYsシリーズは、子供の体格に合わせて
実銃より一回り小さく作られています。
このG36Cも大人用に比べれば、プラスチックが多用されて
いて、さすがに質感は劣りますが
外観は圧縮されただけの様に、作りは良く
限られたコストの中で、それなりによく考えられている
と言った印象。

g36boy-4.JPG

こちらは、大人用G36Cの左側側面。
刻印類は、綺麗に入ってます。

g36boy-5.JPG

大人用と殆ど同じ文字が刻印されている、BOYsのG36C。

g36boy-6.JPG

元々ベストな位置にある、フル・セミのセレクターですが
少し小さくなって、より使いやすくなってます。
グリップしている親指で、一番上のセイフティ位置から
セミ・フルオート位置までレバーを下げるのが
凄く楽に行えます。
セイフティ状態から、素早く射撃体勢に入れて
好いですねー。
新しさも手伝って、レバーの動きも固めで好感触。
節度感があります。
使い込んでいくと、どれだけ軟らかくなっていくんでしょう ?

g36boy-7.JPG

もしかして、プリントしていないだけで
可動するのかと、思わず動かそうとした右側のセレクター。
でも、やっぱり動きませんでした。
んーそれだけリアル。

g36boy-8.JPG

ストック根元の半円形のボタンを押すと
ロックが解除されて、ストックを折りたたむ事が出来ます。

本体とストックとの接合部も、プラ製なんですが
耐久性はどうなんでしょ?
そんなに悪くは、なさそうですが。

g36boy-9.JPG

折りたたんだストックは、エジェクションポート後部の
ノブに引っ掛けて固定出来るので
ストックがブラブラする事は、ありません。

g36boy-10.JPG

ホップアップの調節は、エジェクションポート内にある
レバーをスライドさせて行います。
スライド量が短いので、ちょっと微調整は難しい感じです。

g36boy-11.JPG

コッキングハンドルは可動するので、雰囲気を楽しむ事
は、出来ますが
何がどうなるって事は、ありません。

g36boy-12.gif

キャリングハンドル右側の付け根辺りにある
小さめな円筒形のボタンは、ハンドガードの
ロック解除ボタンで、ボタンを押しながら前方に
ハンドガードをスライドして外すと
電池を収納部が現れます。
電池は片側に、単三電池3本づつの
6本使用します。

g36boy-14.gif

今までのBOYsシリーズとの大きな違いは、
マガジンでしょう。
BOYs・M4やMP5は、30発前後の装弾数の弾を
撃ち尽くしたら、リザーブタンクから供給する形でした。
これは正直、少しめんどくさくて
折角の秒間15発のフルオートも、すぐに給弾操作をしないと
いけないので、存分に楽しめない感じでしたが
今回ハイグレードに進化して、大人用電動ガンの
多弾数マガジンと同じ、ゼンマイ式になりました。
数回に分けて巻きながら撃つほうが、供給が安定する
と言う事は、ありますが
230発を続けざまに撃てるのは、やはり爽快です。

g36boy-15.gif

リアサイトは、左右の微調整可能なビープホール式。
通常と精密射撃時で、切り替え出来る様になっていますが
んーまあ、覗く穴の大きさが僅かに変わる程度で
そんなに変化無いような気が・・・・。

g36boy-16.gif

で、折角マウントレイルがあるのだから
何か乗っけたくなりますが、銃が実銃より一回り小さいと
言うことは、マウントレイルも小さくなっていると言う事です。
試しに小型のドットサイトを乗せてみましたが
取り付けネジを最後まで締め付けても、固定する事が
出来ませんでした。
なので、間に何か挟んで固定するか
幅が狭くても締め付けられるマウントが付いたサイトを
探す必要があります。

g36boy-17.JPG

私も持っているドットサイトで探してみた所
エスツーエスのオープンタイプのドットサイト「ビュー・モア・リアル
ドットサイト」が、取り付け幅に広く対応していて
そのまま装着する事が出来ました。
しかも軽量なので、プラ製のマウントレイルでも
負担が軽そうです。

実射

銃を持って一番に、軽いと感じるのですが、軽いとそれだけ
で、安っぽく感じてしまうのは何故でしょう?
まあ子供用で小さいのですが、大人でもSMG的な感覚だと
十分楽しめそうです。
多弾マガジンもそうですが、発射時の作動音も
「キュパパパッ」っと大人用電動ガンの音を小さくした
感じで、まさに子供用高性能マルイ電動ガンですな。
子供用なので威力は小さいですが、飛びは凄い。
このフルオートを体感すれば
子供用電動ガンの最高峰だと納得できるはずです。

g36boy-17.gif

7m 半径2cm刻みの円セミオート0.12gBB弾10発

g36goy-19.JPG

7m 半径2cm刻みの円フルオート0.12gBB弾





20091002_2744879.jpg

電動エアガン  (10才以上用)

可変ホップアップシステム

全長   437mm/562mm (ストック伸長時)

重量    1,010g  (電池含む)

装弾数  32発  (+リザーブタンク内110発)

価格    6,800円 (税別)

20091002_2744880.jpg

マルイの10才以上用エアガンのフラッグシップシリーズ
電動ガンBOYsの第二弾として、2004年に登場しました
BOYs MP5 A5。
それは、ミニ電動ガンシリーズの様に、小さく
デフォルメされた物ではなく
サイズこそ、10才の子供に合わせてフルサイズモデルより
僅かに小さいですが
外観はリアルで、仕上げも丁寧に作られています。
マルイのフルサイズモデル(18才以上用)と比べてみても
ただ、少し小さいだけ、という印象。

20091002_2744881.jpg

MP5は、フルサイズモデルでも、コンパクトなSMGなので
BOYsは、大人が持つと、さすがに小さいなーと感じます。
しかし、ミニ電動ガンの様な窮屈さは、無いので
十分楽しめてしまったりする。
10才以上用のパワー限定というシチュエーションだと
最高の相棒になるでしょう。
なんたってフルオートの発射サイクルは
フルサイズモデルと同等の、秒間15発!!
まさに、10才以上用エアガンの最高峰といえます。

20091002_2744882.jpg

ホップアップ調節スライドボタンは、フルサイズモデルとは
反対側の、右側の目立つ所に。
リアル派の方は不満に思われるでしょうが
ハンドガード内に隠して、使い難くするよりは良いかも
しれません。

20091002_2744883.jpg

回転式のリアサイトは、勿論可動します。
セミ-フルのセレクターレバーは金属製。
セレクターのセイフティと、グリップセイフティとで
二重の安全設計になっています。

20091002_2744884.jpg

実銃同様、二段階スライドのリトラクダブルストック。
スライド部分は金属製で、強度は十分。

20091002_2744885.jpg

ハンドガード底面前方のロック解除レバーを押し
前下方にスライドさせると、バッテリーケースが
出てきます。
使用するのは、単三アルカリ電池6本。
これで、5000発撃てるそうですが、やはり私としては
バッテリー仕様も欲しかったと思います。
最初の購入金額は、高くなりますが、毎回、
子供に電池をせがまれるよりは、ましだと思いますが。
まあ、充電式電池で動けば、それを使うのも、手ですね。
私は、試していませんが

20091002_2744886.jpg

BOYsの多弾マガジンは、フルサイズモデルのゼンマイ式
とは違った方式です。
まず、リザーブタンクにBB弾を入れて銃に装着します。
そしてマガジン裏側にあるフォロアーを一杯下げて
ロックされたら、銃を上に向け揺する。
するとリザーブタンクからレールにポロポロとBB弾が
出てくる。そうしたらフォロアーロック解除ボタンを押す。
するとフォロアーがBB弾を下から押し上げて
発射準備完了となります。
字で説明すると、ややこしいですが
実際の操作は簡単です。
実射

フルサイズに比べて、ストックが短いのでリアサイトに
顔が近づき過ぎてしまうのですが
子供用を使っているのだら、文句は言えませんね。
発射音は、さすがにフルサイズに比べたら静かです。
集弾性は、良いですねー。安定感もあるので
ビシビシ撃てます。

20091002_2744887.jpg
セミオート 7m- 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾

フルオートも、タッタッタッタッっといい音がします。
フルでも乱れる事無く、安定していて
一気に全弾、撃ちきれます。
10才以上用エアガンの中では、高額な部類になりますが
それなりの仕上がりと性能をもっていますので
これは、満足できる逸品では、ないでしょうか。

20091002_2744888.jpg
セミオート 7m-半径 2cm刻みの円 0.12gBB弾

marui-scar-boy-0.JPG

marui-scar-boy-1.JPG

10才以上用 電動ガン

可変ホップアップシステム

全長   463mm/625mm-673mm(ストック伸長時)

重量   910g (電池込み)

弾丸   6mmBB 0.12g

装弾数  140発

価格   9,240円(税込み)

marui-scar-boy-2.JPG

電動ガンBOYsシリーズ第5弾となる「スカー」が発売されました。
実銃スカー(SCAR--Special operations forces Combat Assault Rifle)は、ベルギーのFN社が
U.S.SOCOM用に開発したアサルトライフル。
名前の後ろの「L」はライトで、M4等と同じ軽量高速な5.56×45mmNATO弾を使用するという意味。
使用状況に合わせてバレルが簡単に交換出来るのが特徴で、スタンダードの長さが14インチに対して
CQC仕様は10インチとなっている。
と・・・こんな感じですが、個人的にストックの形状がイマイチなんですよねー。
魚というか生き物的な感じがして・・・・。
でも電動ガンにしてもガスガンにしても、M4はお腹一杯的状況なので、目新しいスカーに興味津々なのですが
18歳以上用はなかなか購入に至らないので、まずBOYsシリーズからとなりました。

外観は全体的にプラスチックなんですが
実銃のフレーム、ストック、それにマガジンを含めた、色違い感をうまく表現してると思います。
プラスチッキーな部分もありますが、あまり見慣れていないタンカラーという事もあって
あまり貧相に感じないのが不思議。

大きさは、子供用に縮小されたサイズのアサルトライフルなんですが、SMG的に撃てますねー。
射撃姿勢も、そんなに窮屈になりません。大人でも十分に楽しめます。
ただ、重量は悲しいくらいに軽い。まあ、しょうがない事ですけど。

marui-scar-boy-3.JPG

妙にカッコイイバレル周り。4面レイルは当然ながらプラ製。
フロントサイトは邪魔な時は折り畳めます。んー今の時代これでないと。

marui-scar-boy-4.JPG

ビープホール式リアサイトも後ろ側に倒す事が出来ます。で両方倒すとこんな感じ。
リアサイトの狙点調節はオミットされています。ボルトハンドルは動きます。機能は無いけど。
またリアサイトは取り外す事も出来ます。

marui-scar-boy-5.JPG

で、まあこれだけレイルがあるのですから何か付けてみないとねー。
問題はレイルの幅が一般的な20mmより小さく18mmしか無い事。
よく楊枝を両側に挟み込めと聞きますが、手先が器用じゃあないとスムーズに出来ない。
まあ取り敢えず出来ましたけど。ようは何かを両側に詰めればいいわけで。

スカーは軍用アサルトライフルだけに、ドットサイトにしてもチューブタイプが似合うと思いますが
大きくて重くアンバランス。ここはコンパクトで軽量なオープンタイプのドットサイトを付けてみました。
フラッシュライトも付けてみましたが、グラグラで最後はボテッと落ちちゃった。
レイルへの取り付け部分も物によって色んな形状があるので、相性が良い物でないと、楊枝では無理。
早く専用の光学機器を発売して頂きたいものです。

marui-scar-boy-6.JPG

ホップアップの調節レバーは、左側側面にあります。目立つ場所に丸見えなのは・・・・。
操作するには使い勝手が良いですがねー。

marui-scar-boy-7.gif

写真の矢印部分のボタンを押せばストックのロックが外れて、ストックを折り畳む事が出来ます。
完全に折り畳んだ状態でストックは固定されるので、ブラブラする事はありません。
勿論ストックを折り畳んだ状態でも射撃は可能です。

marui-scar-boy-8.gif

矢印部分のボタンを押せばチークピースを上げる事が出来ます。
全体に上昇するのでは無く、ボタンがある側だけ上がります。段階は無く
上下のみ。

marui-scar-boy-9.gif

そしてストック後部の矢印のボタンを押せば、ストックの長さを6段階で調節出来ます。
しかしまあ、ストック左側はボタンだらけですなー。

では、つづく・・・・・・・。



アメリカ軍の特殊部隊が採用した、最新アサルトライフル!【1月再入荷予定】東京マルイ【10歳以上用】電動ガンボーイズHG SCAR-L(スカーL) CQC ブラック7、854円


アメリカ軍の特殊部隊が採用した、最新アサルトライフル!【1月再入荷予定】東京マルイ【10歳以上用】電動ガンボーイズHG SCAR-L(スカーL) CQC FDE7,854円

カテゴリー
P R
Copyright ©  -- 人気エアガンランキング&エアガンレビュー --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]