忍者ブログ
国内メーカーを中心に最新エアガン、コッキングガン、電動ガン、ガスガンをレビューしていきます。
dc112999.jpg

dc120406.jpg

電動ガンBOYsシリーズ 10才以上用電動エアガン

可変ホップアップシステム

全長   543mm

重量   1,090g (電池含む)

装弾数  140発

価格   9,240円 (税込み)


marui-tavor21-2.jpg

タボールはイスラエルのIMI社(デザートイーグルとかウージーを作った会社で
現在は分離独立したIWI社が生産)のブルパップ式アサルトライフル。
そのなかでも、今回マルイがモデルアップしたのはスタンダードモデルより
バレルが80mm(実銃スケールで)短いコンパクトモデル。

ブルパップ式のアサルトライフルと言えば、ステアーAUG等が有名ですが
私も国産エアガンメーカーがモデルアップしている物位の知識しか無いので
このタボールも、よくイギリスのL85A1と混同していました。

これです。
dc120301.jpg
L85A1    (写真=パブリックドメイン)

なので、H&K社によって改修されるまで、ダメダメ銃だったのは、どっちだったかな~?
なんてレベルのところに、マルイさんからドーンとタボールが発売されてビックリ。

ちなみに改修されたのは、L85A1の方で、L85A2になりました。

marui-tavor21-3.jpg


ブルパップ式の特徴は、機関部をストック部分まで後退させる事で、銃身を
短縮させずに(命中精度を落とさずに)銃本体をコンパクトにする事が可能になります。
なので、ただっ広い野戦でも集弾性が良く、狭い市街戦でも扱いやすくて
オールマイティに使える利点があります。

写真は、同じ電動ガンBOYsシリーズの「スカーL CQC」と全長を比較した物です。
スカーのストックは、一番伸ばした状態でストックからグリップまでは、ほぼ同じ長さかな。
スカーも銃身が短いCQCモデルですが、タボールはさらにコンパクトなのが分かりますね。
しかも銃身はスカーより長い。
まあ、電動ガンBOYsシリーズのインナーバレルは、銃身の先端まできっちり
伸びては、いないので厳密な比較は出来ませんが、実銃で比較するならば
タボール・コンパクトの銃身長は380mm、対してスカーL・CQCの銃身長は254mmと
タボールのほうが126mmも長い。

marui-tavor21-4.jpg

BOYsタボールの外観は、表面がザラザラに加工された面が多く
ツルツル・テカテカのプラパーツが目立たないので、安っぽさはあまり感じません。
(10才以上用電動ガンでは・・・の話。)
とは言え、レシーバー上面やマウントレイル、サイトはツルツルのプラなので
上から見ると、ちょっと・・・・・・・。

グリップの上部辺りに、片側4つの通風孔があり、実銃同様の内部パーツが見えて
リアルに再現されています。

marui-tavor21-5.jpg

グリップ付け根にセレクターがあり、写真の「S」の位置でセイフティ状態。
「R」がセミオートで、「A」でフルオートになります。
使い易い位置にありますが、大人だとグリップを握ったままの操作は、少し窮屈かな。

グリップの中指がくる部分に、BOYsシリーズではお約束のセイフティボタンがあり
しっかりグリップを握ってボタンを押している状態でないと、トリガーは引けません。
まあ、ボタンは軽く押せるし、グリップを握れば自然とボタンは押されているので
難しい事はなにもありませんけどね。

marui-tavor21-6.jpg

妙にピョコッと出ている、マガジンキャッチリリースレバー。
こんなに出てるの~? と実銃の写真を見てみると、確かにピョコッと出てますな。
先ほどのセレクター操作時の窮屈感は、セレクターを操作しようと手をずらすと
このマガジンキャッチリリースレバーと手が干渉してしまうせいでした。
実銃の場合は、もっとスペースに余裕があるのかもしれませんが
BOYsタボールの場合は、大人が操作する場合リリースレバーを押してしまいそう。

marui-tavor21-7.jpg

マガジンはM4共用の140連ゼンマイ式多弾数マガジン。
写真の様に上部のフタを開けて、BB弾をジャラジャラ流し込むだけなので
とっても簡単なのですが、毎回思うけど、マガジン底部のゼンマイを
巻くギヤを回すのが辛い。
18才以上用の多弾数マガジンに比べると巻き難いのだ。
ギヤのギザギザに爪を引っ掛けたり、指の腹を思い切り押し付けて回してみたり
してますが、すぐに指が痛くなっちゃう。
しかも、ちょっと巻くのをサボると直ぐに給弾不良になり、空撃ちになってしまう。
今までも多少感じていましたが、今回ほどでは、ありませんでした。
マガジンにも当たり外れがあるのか~!!

marui-tavor21-8.jpg

電池は、アルカリ単三電池を6本使用します・・・・・・が、私は今回も
充電タイプのエネループで。
最近では100円ショップで、6本入りのアルカリ単三電池もあるので
買ってくれば良いのですが、つい手もとにあるエネループを使ってしまいます。

電池の装着手順は、矢印のロック解除ボタンを押しながらハンドガードを
前方に引き抜きます。
電池は左右と底部の3列に、2本ずつ入れます。

marui-tavor21-9.jpg

ホップアップはスライド式、簡単で分かりやすいですね。
銃本体右側、実銃のエジェクションポートの部分にあります。
18才以上用と違って、むき出しなのはBOYsシリーズ共通。

marui-tavor21-10.jpg

ブルパップ式の欠点として、コンパクトさゆえにフロントサイトとリアサイトの間隔が
短くなってしまい、これは命中精度に悪影響になります。
なので実銃は、光学サイトの装着が前提でノーマルサイトは補助的な物になります。
フロントサイトは縦方向に、リアサイトは横方向に畳むことができます。

エアガンの場合は(しかも10才以上用なら、さらに)、命中精度的にそこまでの
照準のクオリティは必要ないのですが、どうせならドットサイト等装着したいですよね。

しかしBOYsシリーズのマウントレイルの幅は18mmで、通常の20mmより2mm小さい。
しかもプラ製なので、重い物を装着するのは、抵抗があります。

marui-tavor21-11.jpg

で、手持ちのBOYsシリーズ用ズームスコープを装着してみました。
これは軽量で、大きさも丁度良いのですが、なんせレティクル(照準を合わせる十字)が
無いので・・・・・。

marui-tavor21-11-5.jpg

ちと寂しいのでフロントサイトを起こしてみると、位置的にはバッチリ。
ただ、やはり近すぎてフロントサイトがぼやけてしまうのですが
まあ、無いより良いかも。

marui-tavor21-12.jpg

ついでにレーザーサイトも付けてみました。
これは20mmマウントレイル用なのですが、なんとか付いてます。
絶妙な位置に、絶妙な傾きでマウントレイルが装備されているのが良いですね。
18才以上用エアガンでも発売してくれないかな~。欲しくなっちゃった。

ハンドガード部にもレイルが装備されているので、フラッシュライトも
装着してみたのが、ページトップの写真です。ん~タクティカル~て感じ。

marui-tavor21-13.jpg

あと、機能はありませんがコッキングハンドルとボルトリリースボタンは可動します。
まあ、雰囲気を楽しむということで。

実射


タボールを構えた感じは、やはりメカが後部に集中しているので
バランスが悪いですね。まあ、軽量なBOYsだから使い難さを感じるほどでは
ないですが。
あと実銃と同様に、射手の耳元が機関部とかなり接近するので
他のBOYsシリーズのアサルトライフルに比べて、やや作動音がうるさく感じます。

作動は軽快そのもので、BOYsシリーズも多弾数マガジンになってから
フルオートの気持ちよさが倍増しましたね。
ただ、前出のマガジンのせいで今回は楽しさが半減してしまいましたが・・・・・・。

実射性能は今までのBOYsシリーズ同様素晴らしく、10才以上用エアガンの
最高峰という称号は、まだまだ続きそうです。
LIGHT PROシリーズとともに、どんどん種類が増えてくれたら楽しいですね。


marui-tavor21-14.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾セミオート10発


marui-tavor21-15.jpg
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾フルオート





関連記事

BOYsシリーズ スカーL  CQC 


BOYsシリーズ H&K G36C

BOYsシリーズ ソップモッドM4 

LIGHT PRO シリーズ M4 CQB
 



楽天市場でのBOYsタボール検索結果は、こちら


たとえば、こちらから




Yahooショッピングでの検索結果はこちらから


アマゾンは、こちらから


PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カテゴリー
P R
Copyright ©  -- 人気エアガンランキング&エアガンレビュー --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]