忍者ブログ
国内メーカーを中心に最新エアガン、コッキングガン、電動ガン、ガスガンをレビューしていきます。
銃においてマガジンとは、カートリッジ(弾)を複数個収納して銃本体に
装てんする ケースの事。
オートマチック・ガス・ハンドガンのマガジンは、弾の収納は
勿論ですが ガスタンクを備えてる場合が殆どなので
(廉価固定スライドガスガンは グリップ内にガスタンクを
備える物がある)、だいたいが亜鉛ダイカスト製の
頑丈で重い物。 これは実銃において、弾を装てんしたマガジンと
同じぐらいの重量になるので リアリティという点では貢献しています。

magazin1.jpg
これはマルイ製グロック34のマガジンですが、構造的にはどのメーカーも
同じ様な物です。

magazin3.jpg

magazin4.jpg

magazin5.jpg


マガジン・フォロアー


銃にBB弾を供給するため、バネの力で下から
                BB弾を押し上げるパーツ。

マガジン・リップ


押し上げられるBB弾を支えている部分。
スライドが後退し前進する時に、ここからBB弾が拾われて
チャンバー内に装てんされる。
ジャム(弾の装てん不良)の無い正確な作動という点で重要な
パーツなので、昔は金属製の物もありましたが、BB弾が
削れてしまい、実射性能に影響するという欠点があったので
最近では、ほとんどの物がプラスチック製。
なので、落下による破損には要注意。

ガス注入バルブ

マガジンを逆さまにして、このバルブにガスボンベを挿し
圧縮され液体の状態のガスを液体のまま、マガジンに
移します。ガスライターにガスを補充するのと一緒。
      (今時知らない人が多いか?)

放出バルブ

撃つ時にトリガー(引き金)を引くと、このバルブが叩かれ
弾を発射するためと、ブローバックガスガンの場合スライドを
作動させるために、液体状のガスを気化させて、放出口から
銃にガスが供給されます。
寒い時期にガスガンが使い物にならないのは、寒さで液体の
ガスを十分気化出来ず、弾の発射やスライドを作動させるだけの
ガスを供給出来ないため。
この症状は夏場でも、連射する等でマガジンが冷やされてしまうと
起こってしまいます。
これは液体は気化する時に回りの熱を奪ってしまうという性質に
よるもので、殺虫剤を続けて噴射すると、缶が冷たくなるのと同じ。
               






東京マルイ・L96AWS 02P07Feb16
価格:23400円(税込、送料無料)
















PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カテゴリー
P R
Copyright ©  -- 人気エアガンランキング&エアガンレビュー --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]